読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8/12/16 今日の御言葉

ローマ12:3〜8

わたしに与えられた恵みによって、あなたがた一人一人に言います。自分を過大に評価してはなりません。むしろ、神が各自に分け与えてくださった度合いに応じて慎み深く評価すべきです。というのは、わたしたちの一つの体は多くの部分から成り立っていても、すべての部分が同じ働きをしていないように、わたしたちも数は多いが、キリストに結ばれて一つの体を形づくっており、各自は互いに部分なのです。わたしたちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に千年しなさい。また、教える人は教えに、勧める人は勧めに精を出しなさい。施しをする人は惜しまず施し、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は快く行いなさい。

 

私達一人一人に、違う賜物が与えられています。それを、思いっきり活用して、神の栄光をたくさんの人と共に分かちあいたい。自分が、誰よりも出来ると、高慢にならず、へりくだる気持ちを忘れず、仕えて、奉仕の心を忘れずに、たくさんの人と共に自分の賜物を用いていきたい。そうするには、やはり、一つ一つ、今やっている事を集中して、与えられた仕事をやっていきたい。

 

japanese-odb.org